新宿・代々木こころのラボクリニック
平日21時まで。

まずはご相談・ご予約を

TEL 03-5357-7385

オンライン診療

新宿代々木こころのラボクリニック

新宿・代々木こころのラボクリニック 平日21時まで。土日診療有り。新宿駅直結徒歩5分・代々木駅東口徒歩4分。

新宿・代々木こころのラボクリニック

rtms治療なら
新宿・代々木こころのラボクリニック

 

rTMS治療の対象

まずはご相談・ご予約をTEL 03-5357-7385

オンライン診療

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法とは何か?

rTMSは、本邦でも既に特定の治療器に関しては薬事承認を受け、保険承認もされている治療抵抗性うつ病に対する治療方法であり、現在、様々な新規治療プロトコルを含め、他の精神疾患に対する治療方法としても世界中で研究されています。

薬物療法や心理療法とは異なり、rTMSは、脳の低活動領域または過活動領域を非侵襲的に直接刺激し、徐々に健康な活動パターンに回復させる治療法です。大脳皮質を刺激するために、rTMSは強力な集束磁場パルスを使用します。この刺激パルスは、対象となる脳部位に対応した頭皮にTMSコイルを置くことによって実施されます。これらの刺激パルスを繰り返し適用すると、刺激部位におけるニューロン間のシナプス機能を強化したり、減弱したりすることができます。

シナプスを介した神経接続の長期的な変化は、脳活動の持続的な変化を引き起こし、うつ病に関連した神経回路の異常活動パターンを正常化させると考えられています。

新宿・代々木こころのラボクリニックで
rTMS療法を受けることができる患者さんはどんな方か?

rTMS療法が適応になる最も一般的なケースは、薬物療法や心理療法に反応しなかったうつ病です。精神科で大うつ病性障害の診断を受けており、1~2種類の抗うつ薬を一定期間試しても効果がなかった場合、または、少なくとも2種類の抗うつ薬を試しても副作用が強くて薬物治療に耐えられなかった場合には、rTMS療法を検討する価値があります。

rTMSは現在、北米を中心として、双極性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、強迫性障害(OCD)、摂食障害、自閉スペクトラム症に伴う症状(特にうつ症状)に対する新規治療法としても少しずつ研究開発されています。新宿・代々木こころのラボクリニックのrTMSニューロモデュレーション部門では、これらの精神疾患に伴うrTMS療法の研究を行うことはありますが、大うつ病性障害以外の精神疾患に関しては、必ずしもrTMS療法を常に提供することができるとは限りません。

新宿・代々木こころのラボクリニックで
rTMS療法を受けることができない患者さんはどんな方か?

当クリニックでは現在、パーキンソン病をはじめとした神経変性疾患、慢性疼痛、耳鳴り、の治療は提供していません。けいれん発作は、非常に稀ではありますが、rTMS療法における重篤な副作用の1つであるため、けいれん発作の既往またはてんかんと診断されている患者さんは通常rTMS療法の対象にはできません。

また脳外科手術により脳内にデバイスが埋め込まれている患者さん、または頭頸部領域に金属異物がある患者さんも、rTMS療法の対象にはなりません。

脳梗塞・脳出血、脳外科手術、外傷性脳損傷、または脳に影響を与える他の神経疾患の既往歴のある患者さんは、当クリニックでのrTMS療法には適さない場合があります。

新宿駅から公共交通機関あるいは自動車で2時間以上かかる場所に お住まいの方に対しては、以下に述べるいくつかの理由で 当クリニックでの治療をお勧め致しません

最初のrTMS初診外来を受診することができたとしても、その後の急性期rTMS療法は開始後、継続的に6週間通院する必要があります。その後の持続療法(ブースター治療)の可能性も考慮すると最低2か月間の治療期間を見ておく必要があります。

また、rTMS療法はすべての患者さんに適しているわけではありません。うつ病の場合、20%程度の患者さんには効果がなく、別の40%程度の患者さんには部分的な改善しか見られません。また、うつ病以外の他の精神疾患に関しては、まだ研究段階ということもあり、rTMS療法による奏効率はうつ病よりも低くなる可能性があります。

rTMS療法が奏功しても、効果は必ずしも永続的なものではありません。通常、rTMS療法の効果は約4~12か月続きますが、場合によっては2~3か月で再燃再発するケースもあります。その場合、ブースターセッションによる持続療法の実施が必要になってきますが、東京近郊にお住まいでない方の場合、適切なrTMS治療の継続が困難となります。

新宿駅から公共交通機関あるいは自動車で2時間以上かかる場所にお住まいの患者さんの場合、以下の条件を満たすことができる方のみ、当クリニックでのrTMS療法の実施が可能になります。

・新宿までの往復の交通費と2~3か月間の新宿近郊での宿泊の手配ができる方。
・rTMS療法が奏功しなくとも、これらの費用を負担する準備ができている方。
・rTMS療法が奏功した場合に、持続療法や維持療法を物理的に継続できる方。

rTMSに関する他の質問がある場合のお問い合わせ先

SDM
詳細についてのお問い合わせは、クリニック代表03-5357-7385にお電話いただくか、
contact@koko-lab.clinicにメールして下さい。
新宿・代々木こころのラボクリニック
診療時間
10:00~13:00
14:00~17:00 -
18:00~21:00 - -

各時間、最終受付は30分前となっておりますのでご注意ください。

新宿・代々木こころのラボクリニック

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿3F
JR各線「新宿」駅徒歩5分(新南口からデッキ直結)
JR各線、都営大江戸線「代々木」駅徒歩5分(JR東口徒歩4分)
東京メトロ丸の内線・副都心線、都営新宿線「新宿三丁目」駅徒歩6分
TEL 03-5357-7385

アクセス

新宿駅新南改札からの行き方はこちら»

まずはご相談・ご予約を

新宿・代々木こころのラボクリニック

トップへ戻る

まずはご相談・ご予約を